婚約指輪とは?結婚指輪とは?プロポーズに婚約指輪は必要か?

婚約指輪って普段は身に着けないし、なくても良いような気がするんですけど…
確かに。結婚指輪とは役割も違うしな。
それですよ。どうして指輪がいくつも必要なんですか?
それじゃあ婚約指輪と結婚指輪について解説しよう。

プロポーズをしようとすれば、
・婚約指輪
結婚するとなれば、
・結婚指輪
と急に指輪が必要になります。
そこで婚約指輪とは、結婚指輪とは何かをそれぞれ解説。
もちろん形式にこだわらないなら、どちらも用意する必要はありません。

結婚したいなら婚姻届さえあればいいものの、やっぱり世の中的に必要なアイテムなんです。
無くても良いから用意しないではなく、安くても良いから用意した方が良い理由を解説。
そうすれば彼女との新婚生活が上手く始められます。

あった方がいいの?婚約指輪とは

婚約指輪とはプロポーズなどをする際に、あなたが女性に対してプレゼントする指輪のことです。
プロポーズを言葉だけで済ませたり、花束などで終わりというケースもあるから、無くてもどうにかなるアイテム。
だけどあった方が彼女も喜ぶし、世間的に恥をかかずに済むから用意するのがおすすめです。

女性がプロポーズへの憧れを抱く際には、大抵は光り輝くダイヤモンドの指輪も一緒に想像しているのがポイント。
だからあなたが婚約指輪を用意せずにプロポーズをしてしまうと、彼女がガッカリする可能性が大きいので注意すること。
以前は給料3ヶ月分の値段の指輪を贈るような風潮もあったけど、今はそんなことは無いので安心してください。
値段に関係なくあなたの気持ちを込めた指輪を用意すればいいので、無理をする必要はありません。

婚約指輪とは女性の憧れが強いアイテムになっています。
だからプロポーズするときは、趣味やサイズが合わない可能性があるから言葉や花束で済ませるのもあり。
でも必ず後日に二人で選びに行って、プレゼントするのがおすすめです。

彼女が友達とプロポーズの話になれば、どんな婚約指輪を貰ったかという話題に必ずなります!
婚約指輪がないと彼女も友達や親にプロポーズの話がしにくいし、指輪をくれない男となればあなたも肩身の狭い思いをすることに。
その為、高額な婚約指輪で見栄を張る必要はないけど、周囲を心配させないためにもあった方が良い大事なアイテムです。
婚約指輪の選び方については以下のページにて詳しく説明しています。
婚約指輪の選び方:4つのポイントで最高の婚約指輪が見つかる

女性たちが憧れるアイテムだから、必ず婚約指輪は用意するように!
婚約指輪がないと、本気でプロポーズしているか怪しまれる可能性もありますからね。

毎日着けておかないといけない?結婚指輪とは


結婚指輪とは結婚式で、指輪の交換をする際に使う指輪のことです。
その為、婚約指輪を着けるのは女性側だけですが、結婚指輪は男性側も身に着けます。
結婚式後もそのまま左手の薬指に着けたままでいることになるので、婚約指輪と違って生活の邪魔にならないシンプルなデザインが一般的。

左手の薬指に結婚指輪を着けることは、結婚していることを周囲にアピールする意味もあります。
だから日常的に身に着けたままで生活するのが普通です。
もしもあなたが結婚指輪を外していると、
・浮気をしている
・不倫相手がいるのでは
・女性にモテたいと思っている
など、下心があると思われる原因に。

その為、変な疑いをかけられないためにも、結婚指輪は毎日身に着けておくのがおすすめ。
それと結婚指輪選びでは、邪魔にならないデザインの他に着け心地にもこだわることが大切です。

結婚式が終わっても着けたままでいるんですね。
結婚指輪を無くすとそれだけで一大事だから、普段は外さないのがおすすめだよ。

婚約指輪は結婚式後も身に着けることがある

婚約指輪は結婚式の際、指輪の交換のために右手の薬指に着けることになります。
そして結婚式が終わった後は、左手の薬指に結婚指輪と重ねて着けるようになるのがポイント。
もちろん婚約指輪の方が高額だしデザイン的に豪華だけど邪魔になりやすいので、大切にしまっておくことの方が一般的です。

でも彼女が2つの指輪を同時に着けたいという可能性を考えて、どちらも同じブランドで統一しておくのがおすすめ。
購入する際に同じブランドであれば、結婚指輪を選ぶ際に婚約指輪に合わせたデザインも揃え易いから便利です。
違うブランドだとデザインやコンセプトに統一感が出ないので、重ねて着けた際に見た目の印象がバラバラになってしまいます。
しかも指輪の輝きがくすんできたときや石が緩んだときなど、同じブランドならまとめてメンテナンスをして貰えるから便利です。


ダイヤモンドシライシには婚約指輪と結婚指輪をセットにした商品があります。
重ね着けした際のことも考えられているデザインなので、とても統一感があって自然に見えるのが特徴。
だから限られた予算で豪華な指輪を彼女に贈りたいなら、セットリングが一つ一つのアイテムを安く抑えられるのでおすすめです。

普通なら婚約指輪は身に着けなくなるけど、セットリングならちょっとした時に豪華に見せられるから便利なんだ。
しまい込むよりも使った方が、用意した甲斐がありますよね。

安くても良いから指輪は必ず用意すること

婚約指輪は安いアイテムでも良いので、必ず用意することが大切です。
婚約指輪は結婚式が終わってしまうと、身に着ける機会が殆どなくなるもの。
それだけに用意しなくても良いか、と思ってしまい易いので注意すること。
婚約指輪は女性の憧れが強いアイテムなので、用意しないとプロポーズをきっかけに破局する可能性もあります。

何もあなたの給料三ヶ月分を用意して購入する必要は無いし、女性たちは指輪の値段は気にしません。
あくまでもプロポーズの言葉と共に指輪をパカッと見せて、左手の薬指に着けてあげる一連の儀式が必要なだけ。
だからプロポーズの際に婚約指輪を用意しないで、後で二人揃って選ぶ場合も必ずあなたが彼女の指にはめてあげることが大切です。

婚約指輪は女子が憧れるアイテムだから、値段よりも「ある」か「ないか」が重要なポイント!
あればそれで彼女は喜んでくれるし、感動的なプロポーズの最中に値段は気にしません。
ダイヤモンドシライシのセットリングのように、必要な指輪をセットでお得に用意することも出来ます。
だから良好な二人の関係を新婚生活に繋げていくためにも、婚約指輪と結婚指輪は両方用意してください。

男の甲斐性と思って必ず指輪の用意はすることだよ。
なるほど。安くても良いから婚約指輪さえあれば、プロポーズの時に喜んで貰えるんですね。
by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です